車を乗っているときに、さまざまなアクシデントにみまわれるというのは誰しも経験することですので、落ウェディング05ち着いて適切な対応をすることが求められます。
それがいわゆる交通事故のような場合、まずは負傷者がいれば携帯電話などで救急車をただちに呼んだり、その場での止血措置いった救護が必要です。二次被害を防ぐ意味でも、自動車を安全な場所に移動したり、他の車を誘導したりといったことが必要となる場合もあります。
その後は最寄りの警察に事故報告をするとともに、相手の連絡先を確認して、自動車保険の示談交渉などが円滑になるようにすることも大切です。
さらに加入している自動車保険のカスタマーセンターに連絡して、保険金の支払い手続きをしてもらいます。その前段として、もし警察への報告がなく、交通事故証明書が交付されなければ、最悪の場合、自動車保険の保険金が下りないといったことにもなりかねません。
事故以外のトラブルとしては、例えばガス欠、キーの閉じ込み、走行中のタイヤのパンクやオイル漏れ、道路側溝へのタイヤの脱輪などが想定されます。
自力で解決ができない場合は、やはり自動車保険のカスタマーセンターにその場で連絡すれば、近くの自動車修理工場のスタッフに来てもらうことができ、一定の簡単な修理やレッカー移動については、料金がかからないことも多いようです。