バッテリーが上がったら

| 未分類 |

自動車はほとんどの場合、エンジンの回転によって発電し、その電力を充電と走行に使用しながら動いています。ですから、この発電機が故障したり、充電池に充電が出来なくなると、走行する事が困難になってしまいます。かなり古い型の自動車であれば別ですが、現代の自動車はあらゆる部品が電子制御されていますので、発電と充電の両方が出来ないと走行出来ない仕組みになっています。発電する部品をオルタネーターと言い、車の使用度合に応じて劣化しますが、かなり寿命が長い部品で、普通は乗り換えるまで交換しない場合も多いです。しかし、充電池であるバッテリーは自動車を頻繁に使用してもあまり乗らなくても、劣化したり、充電不足になったりします。そして充電池が上がってしまうと、オートマチック車の場合、車を始動する事が出来ません。もしそのようになってしまったら、ロードサービスを手配するのが一番確実な方法です。しかし、自分で対処する場合は、とりあえず近くに車が有れば、ブースターケーブルを繋がせてもらってエンジンを始動させる方法が簡単です。若しくは、充電器やスターターが有れば、それに繋いで始動する事も出来ます。いずれの場合も充電池の充電が完全に無くなってしまったら、充電池の容量が減ってしまいますので、寿命が短くなる原因になります。出来るだけエンジンを動かす、つまり、適度に車を使用するのが一番良いと言えるでしょう。