メーターパネルから分かる異変

| 未分類 |

自動車の運転席には数々の情報を知ることのできる機能が備わっている車種があり、現在では十分な装備を誇っている車種も存在しています。メーターパネルを見る機会としては、一般的には車速とエンジンの回転数、燃料の残量等がメインとされています。しかし、自動車によっては他にも異変が分かるようなシステムが搭載されているものがあり、注意しなければならないアクシデントが発生している場合では、パネルに出る警告灯などを見て判断することができます。その中には代表的なものとしては、水温計に関するメーターが用意されています。水温が上昇してしまうことによって、エンジンがオーバーヒートを起こしてしまうことになりますが、実際には現在での新しい車種の多くはオーバーヒートが発生しにくい構造を持っています。他にはオイル系の異常を示すものもあり、エンジンオイルの他にもブレーキオイル、パワステオイルの警告灯が用意されているものもあります。ライト類に関する警告も車種によっては搭載されており、いわゆる球切れを起こしている場合では、該当する箇所が点灯するシステムも用意されています。排気系に関する異変なども知ることができ、一般的には温度上昇による警告が一般的になります。