オーバーヒートの冷却

| 未分類 |

エンジンのオーバーヒートとは、エンジンの水温が設定された範囲を維持出来なくて、高温度状態になることです。
状態としてはエンジン水温度が高め、常に水温が高温度を示している、高温度状態が原因により走行することが出来ないなどあります。
ここでは一般的な国産エンジンで、エンジンの回転力を駆動力とする、機械式ウォーターポンプでラジェーター液を循環し、機械式の温度調整弁(サーモスタット)、電気モーターによる駆動力でファンを回し冷却する電動ファン式の車でお話します。
エンジン水温計の温度表示が高い原因としては何らかの理由でラジェーター液が足りない、ラジェーターを冷却出来ない(電動ファンが作動しない)、ラジェーターが放熱(目詰まりをしているなど)出来ない等です。
これらの理由でエンジン温度が高温状態を示してしている場合、ラジェーター液が足りない時とラジェーター本体温度を下げる事が出来ない。
エンジン水温度が高めの場合の時は、車室内のヒーターを最高温度で使用してエンジンの温度を下げる事が期待出来ます、また低速走行による走行風での冷却も期待できますが、走行風や、車室内のヒーターを放熱器代わりとしても放熱出来ない時や目詰まり等の時は、症状としては重症なので、運転するのはあきらめて、早急に整備工場など専門の知識を持つ信頼できる所で、修理をすることが必要になります。