走行中の異音から分かる異変

| 未分類 |

自動車を走行中に時には異音が発生してしまうことがあります。その音によっては早期に対処しなければならないものが含まれていることによって、重要な項目に分類されるものが存在しています。例えば走行中にエンジン音がカリカリという音を発する場合があります。この音に関してはいわゆるノッキングを起こしている可能性があり、燃料を見直すこともできますが、プラグなどが影響している可能性を持っているために、点検を行うことが必要になります。また、同じようにエンジンから金属音が発生している場合では、オイルの残量を確認することが良い方法になります。オイルの量が十分ではない状態では、金属音が発生しやすい傾向にあり、エンジンを傷めてしまう可能性が高まるために、早期に点検したい内容とされています。タイヤからの音に関する問題もあります。走行中にタイヤの回転に合った音が発生している場合では、タイヤに異物が挟まっている、あるいは刺さってしまっている可能性があります。高速走行時にはバーストしてしまう可能性を持っているために、停車させて確認することがおすすめです。同じようにブレーキから発生する音もあります。この多くはブレーキパッドが擦り減ってしまっていることが起因している可能性を持っているために、修理工場などで点検を行い、パッドの交換を速やかに行うことが求められています。