タイヤの交換について

| 未分類 |

自動車のタイヤはゴムでできています。
ゴムは寿命があり、走行を繰り返していると道路との摩擦によってすり減ってきます。
また、長期間乗っていない場合でも経年変化によりゴムが硬化し元の性能を発揮しなくなってきます。
すり減った場合は、溝の深さによって交換時期がわかります。
溝の内部に、交換時期になると分かるようになっている構造があります。
スリップサインと呼ばれるものがあり、そのサインが現れるようになると交換時期になります。
経年変化による劣化では、溝の部分にヒビが入ってきます。
また、触っても固くなっているのがわかります。
走行性のに関わる重要な部分ですので、定期的に自主検査を行いう必要があります。
交換時期が来たものはすぐに交換が必要です。
減った状態や、硬化したまま乗っていると雨の日にスリップしたり、コーナリング中にスピンし事故の原因になり大変危険です。
また、車検時にも検査があり保安基準に満たない状態になっていると車検に不合格になります。
特に毎日長距離走行する方や、あまり乗らない方は注意して日常検査をする必要があります。
また、決められた空気圧を守ることも長持ちさせるためにも必要なことになりますし、燃費にも影響します。